園でのできごと

2023年11月24日
御正忌様のご縁を頂きました

 今年も11月のこの時期、親鸞様の紙芝居やDVDを見ることで、親鸞様のご生涯に触れるご縁を頂くことができました。

 そして、年長さんは、4年ぶりにご正忌様のお斎(おとき)を頂きました。和氣先生から「今、御堂では、仏様の正しい教えを聞くためにお話があっています。皆もどうか正しい教えを聞ける人になってください。今日は、精進料理といっていつも皆が食べている豚や牛、鶏、魚などのいのちを頂いて食べている料理と違って、野菜だけのいのちを頂いて作ってあります。どうぞ召し上がってください。」とお話があり、お斎を頂きました。

 赤い漆のおわんに盛られた膳の上には、ご飯、みそ汁、けんちん、なます、白和え、ごま豆腐、かきあげ、うどん、りんご。「いただきます」をするなり、子どもたちのまず一声は、「おいしい!」「うまい!」でした。

 今の時代、なかなか口にすることのない精進料理ですが、今年の年長さんは日頃から好き嫌いがなく何でも食べる子どもたちで、ほとんど残さず頂くことが出来ました。またお行儀も良かったです。大きくなっても「保育園の頃、赤いおわんでいただいたなあ」という思いが残ってくれたらいいなと思います。

 

 

 

2023年11月22日
でっかい芋ほったどー!!

 今年も3丁目の植田さんのご厚意で、芋掘りをさせて頂きました。うさぎ組も一緒に参加し、友だちと協力しながらコンテナ5個分のお芋を掘ることができました。掘る度に大きなお芋が出てきて「先生、見て!おっきいの採れた!」という声が何度も聞かれ子どもたちの感動が伝わってきました。

 お芋の形もそれぞれで、「これ、~みたい」と色々な形に見え、お芋の形でも楽しむ子どもたちでした。たくさんのお芋が収穫できましたので、3個ずつ頂いて帰ります。

 お友だちと協力して、お芋のお山を作っていました。最後に数えてみるとなんと100個のお芋があり、歓声が上がりました。

 植田さん、貴重な体験をありがとうございました。

 

2023年10月26日
令和5年度ふれあい運動会!

先日のふれあい運動会には、富岡高齢者大学の皆様方を始め保護者の皆様方には多数応援においでいただきありがとうございました。子どもたちは、大好きな人たちに見守られて終始ニコニコと笑顔で参加していました。ありがとうございました。

運動会をするにあたって「何のために運動会をするのか?」「子どもたちの育ちにとって何が必要なのか?」を頭において日々の保育を進めてきました。

園長先生が、運動会の挨拶の最後に「運動会を通して身につけさせたいのは自信です」とおっしゃいました。私たちが求めているのは、子どもたちの「心」を育てることであり、子どもたちが、何事にも自信を持って意欲的に取り組み「できた!」という達成感を味わったり、失敗しても諦めずに自分で立ち上がり、また挑戦する、そういう心が育つようにと日々の保育を積み重ねてきたつもりです。今年の運動会も「一人ひとりの子どもに自信をつけられたか?」と問われたら、鉄棒に励んだ子、低い跳び箱から挑戦し3段が跳べるようになった子、心の一等賞をめざした子、人数は少なくても5人で力を合わせた年長児の挨拶等々、数々のドラマの中にどの子も十分に達成できたように思います。

毎日の運動遊びで、子どもたちは跳躍・支持力が育ち、体幹がしっかり育っていることを実感しました。それは、跳び箱、鉄棒、両足ジャンプ、前転もそれらの力が身につくことで、それほど苦労せずにできるようになるということを今年の年中・年長さんは見せてくれました。特に跳び箱では、年中・年長全員が跳べるようになり、高い跳び箱を跳ぶことが目的ではなく、跳躍、支持運動の積み重ねでだれもが跳べるようになるというのは確かなようです。体を動かすことが楽しい子どもたちが沢山育っています。

子どもたちの「やってみたい!」に火をつけるのが保育士の仕事であり、子どもたちの「楽しい!」「できそう!」「できた!」「もっとやりたい!」が生れることをこれからも目指していければと思います。これはとりもなおさず子どもの主体性を大事にした遊びそのものだと考えています。

最後になりましたが、松村会長さんを始め保護者の会役員の皆様方、前日の準備から当日の運営にご協力頂きありがとうございました。心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い致します。

ひよこ組【かけっこ】ようい どん!

 

うさぎ組【かけっこ】ようい どん!

 

年少・年中・年長【徒競走】よういどんけつ一等賞

 

年中・年長【運動遊び第1弾】いざ!ウォーミングアップ!

 

うさぎ組・年少【運動プログラム】みていてね

 

年長・年中【運動遊び第2弾】やる気満々

 

うさぎ組・年少【遊戯】てのひらをたいように

 

年中・年長・高齢者大学【団体競技】玉入れ

 

うさぎ組【親子巧緻】日本一の桃太郎!

 

年中・年長【団体遊戯】ココロオドルほうで

 

年少・保護者【親子巧緻】おすしはいかが!

 

年中・年長・保護者【親子巧緻】宝取り競争

 

保護者【保護者競技】パパママできるかな?

 

年中・年長・祖父母【団体競技】みかん狩りにレッツゴー!

 

卒園児【団体競技】トンネル競争

 

年少・年中・年長【団体競技】綱引き

 

年少・年中・年長【巧緻】パン食い競走

 

年長・年中【徒競走】紅白リレー

 

 

2023年07月07日
ふれあい交流会☆(七夕会)

 3年振りに高齢者大学とのふれあい交流会を開催することができました。製作をしたり、一緒に給食を食べたりして、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。高齢者大学の方々にたくさんの優しさを頂いて、こどもたちは最後まで幸せな表情でした。終わったあと「あー楽しかったー」と話していました。

 年中・年長さんは、折り紙で金魚を作りました。おじいちゃん・おばあちゃんに教えてもらいながら、かわいい金魚がたくさんできました。玄関の所に飾っています。

 年少さんは、牛乳パックでぴょんぴょんカエルを作りました。最初は、恥ずかしがる子もいましたが、最後は仲良しになり、お帰りの際は玄関までお見送りに行く子もいました。初めての交流会を存分に楽しむことができました。

 

2023年05月23日
じゃが芋掘り

 3丁目の植田工務店さんのご厚意で、今年もじゃがいも堀りを楽しませて頂きました。心より感謝です。面白いくらいに大きなじゃがいもが出てきて、子どもたちは大興奮。友だちと協力しながら、たくさんのじゃがいもを掘ることができました。最終的にコンテナ3箱分のじゃがいもを頂いてきました。貴重な体験をありがとうございました!子ども達が掘ったじゃがいもは、少しずつ頂いて帰ります。お家で、こどもたちの体験談を聞いてみてください!

 自分で掘ったじゃがいもを一度集め、最後にコンテナへと運ぶ子どもたち。「よいしょ、よいしょ」と、腰を曲げて運ぶ姿が、とても可愛かったです!「ここにあるよー!」の合図に、「ぼくがとる」「わたしが先!」とすごい勢いで集まってくる子どもたちです。大きなじゃがいもが見つかると、「最後まで諦めないぞー!」とかわいい意気込みが聞こえてきました。夢中になると、ピタっとお喋りも止まり、無言で掘り始めました。「とれたー!」とじゃがいもを上へと掲げたときの表情は、とても輝いていました!

 

1 / 1412345...10...最後 »

page up